眼瞼下垂・睫毛内反症

眼瞼下垂

先天性と後天性のものがあります。
上まぶたが上がりづらく、垂れ下がった状態のことを眼瞼下垂と言います。(片目だけに起こることもあります)
下がりを補おうと額の筋肉を使うため、眉毛がつり上がった状態になったり肩こりなどにつながることがあります。

これは上まぶたを上げる筋肉がうまく働かずに起こる症状です。

【先天性】
・先天性眼瞼下垂
まぶたを引っ張り上げる筋肉が発育異常を起こしたもの。
視力の発育に影響することもあります。

【後天性】
・後天性眼瞼下垂
上まぶたを上げる筋肉に関わる神経に障害が起きたもの。
重症筋無力症等の筋肉自体に異常がある筋原性、動眼神経麻痺等の筋肉を支配する神経に異常がある神経原性があります。

・腱膜性眼瞼下垂
上まぶたを引っ張り上げる腱膜という筋が異常を起こしたもの。
加齢によることもありますが、コンタクトレンズの装脱時にまぶたを引っ張ることやアレルギー等で眼をこすることによっても起きやすくなります。

・老人性眼瞼下垂
加齢に伴い上まぶたを上げる筋肉が弱くなり起こるもの。

当院にて腱膜性・老人性による眼瞼下垂の手術を行っております。(日帰り)

お気軽にご相談ください。