ドライアイ・眼精疲労

ドライアイ

日本には1000万人のドライアイ患者がいるといわれています。
PCやスマートフォンの普及により液晶ディスプレイを見つめる時間がかなり多くなって、目を酷使している状態ことが原因の一つです。
オフィスで仕事をしている人の3人に1人はドライアイであるという報告も上がっていて 年々増加傾向にあります。

そして、これだけの患者数でありながらほとんどの人は軽い疲れ目と思って眼科にかかりません。

症状としては目の乾燥、目の違和感や痛み、眩しさや疲れを感じるなど様々な不快感が出てきます。目を使いすぎることによる視力低下にもつながります。

原因で多いものは、
・加齢
・PC、スマートフォンの過度な使用
・乾燥
・コンタクトレンズ
・喫煙
・目薬
などです。
また、男性よりも女性の方がドライアイになりやすいという統計もあります。

ドライアイが原因となって、もっと深刻な目の病気を招くこともありますので 軽く考えずに、異物感やまぶしさ、目の痛みを感じたらドライアイを疑って、気軽に眼科医にかかることをおすすめします。

パソコン作業やスマートフォンの使用には、定期的な休息で目を休めて、大切な目を酷使しないように気をつけましょう