緑内障

緑内障

緑内障とは、眼圧上昇等の原因により視神経に障害が起こり視野が狭くなっていく疾患のことを言います。
40歳以上の20人に1人が緑内障といわれ、日本での失明原因1位でもあり、年々増加傾向にあります。

視野欠損の症状は、両眼でカバーをしたり、視線を変えることで見えたり、現在では脳が見えない部分を補填するとも言われ、末期の段階になるまで自覚症状がない方がほとんどです。しかし、1度失った視野は元に戻すことが出来ません。年に1度の健康診断や定期検診での早期発見、早期治療がとても大切です。